ページの先頭です

金融機関コード:0513

ここからナビゲーションです。

  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • プレスリリース
  • サイトマップ

文字サイズ変更

  • 文字サイズを小にする
  • 文字サイズを中にする
  • 文字サイズを大にする

サイト内検索

  • 個人のお客様
  • 法人・事業主のお客様
  • 株主・投資家の皆様
  • 採用情報

ここから本文です

社会貢献への積極的貢献

1.ふくぎんエコ定期 「みんなの尾瀬」

 お客様と福島銀行が力を合わせて尾瀬の自然保護を守る定期預金、「ふくぎんエコ定期『みんなの尾瀬』」を平成24年11月から取扱いしております。お預かりいただいた定期預金の年度末残高0.01%に相当する金額を(公財)尾瀬保護財団に寄付いたします。
 平成29年3月末残高は、1,018億円となり、同年6月に1,018万円の寄付を行いました。皆様のご協力ありがとうございました。
 また、尾瀬の自然環境を守るために、29年6月には、ごみ持ち帰り啓蒙活動や募金活動も行いました。

   「ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬」   「ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬」

2.「福島わらじまつり」に、地域の皆さまと参加

 福島市の夏の風物詩「福島わらじまつり」に、地域の皆さま212名と一緒に参加し、福島の夏を盛り上げました。28年度は大賞「大わらじ賞」を受賞、29年度は「福島商工会議所創立100周年賞」と「福島市政施行110周年賞」をダブル受賞しました。

   「福島わらじまつり」   「福島わらじまつり」

3.こども向けワークショップ

こども向けワークショップ  福島の未来を担うこどもたちを応援することを目的にワークショップを県内各地で開催しております。電池で動く小さなコンピューター「クリケット」と約200種類の素材を使って動くおもちゃを作るワークショップです。「クリケット」はパソコンを使って動きをプログラミングすることができ、創意工夫に満ちたプログラムです。若手社員や福島学院大学の学生がスタッフとして参加し、こどもたちの制作をサポートします。

これまでの開催模様

  27年度第1回 会津会場   27年度第2回 福島会場   27年度第3回 須賀川会場
  27年度第4回 いわき会場  27年度第5回 郡山会場   27年度第6回 福島会場
  28年度第1回 会津会場   28年度第2回 福島会場   28年度第3回 郡山会場
  28年度第4回 いわき会場
  29年度第1回 いわき会場  29年度第2回 会津会場   29年度第3回 福島会場
  29年度第4回 郡山会場

4.障がい者施設製品の大展示即売会

授産事業への支援 障がいをお持ちの方の自立をサポートすることを目的に、障がい者施設製品を集めた展示即売会を支援しています。
 平成29年度は、県内外から89施設が出展し手作りの小物や食品などを展示即売しました。昨年に引き続き復興応援として、宮城・岩手・熊本・福岡・大分の障がい者施設の製品を販売した他、農福連携商品のコーナーも設けました。本社ビル12階大展望ラウンジには、福島市内の眺望を楽しめるカフェコーナーやキッズコーナーを設け、たくさんの方にご来場いただきました。
 なお、株主総会や窓口感謝デーのお土産としても同製品を活用し継続して支援しております。

5.「 ふくぎん みんなのサポート市民活動助成金」

 ふくぎん みんなのサポート市民活動助成金 当行の90周年記念事業のひとつとして創設した助成制度です。ふくしまNPOネットワークセンターとの連携により運営しております。福島県内で高齢者を守る活動、子どもの教育を支える活動など、未来づくりに自発的に取り組む活動を支援・促進し、あたたかい地域社会の実現を目指しております。これまで助成先23先に対して累計230万円を助成いたしました。
 なお、6回目となる今回は、各団体の取組みを広く知っていいただく機会として、「ふくしま市民活動フェスティバル2017」の中で、贈呈式・活動報告会を開催しました。
 【平成29年度の助成先】
 ●ぼんじょいの会(郡山市)
 ●上三坂子供を守る会(いわき市)
 ●kokoyori(須賀川市)
 ●特定非営利活動法人ふくしまグリーンキャンバス(二本松市)
 ●ららたいむ実行委員会(須賀川市)

6.「公益信託福島銀行ふるさと自然環境基金」

「公益信託福島銀行ふるさと自然環境基金」 福島県内における自然環境保護を図り、自然と人間の調和の取れた社会作りを目的に、環境保全に関する実践活動や普及啓発、調査研究を行う団体へ助成しております。平成4年の設立以来、66団体に対して助成し、助成金額は1,522万円に達します。
 【平成29年度の助成先】
 ●福島県耶麻郡猪苗代町立翁島小学校(猪苗代町)
 ●喜多方自然史研究(喜多方市)
 ●NPO法人自然と人間との共生プロジェクト(福島市)
 ●夏井川流域住民による川づくり連絡会(いわき市)

7.地域文化事業への協賛(福島銀行オールドストーリーズ)

 ㈱テレビユー福島の30周年記念地域文化事業に協賛し、語り部が福島の民話を地元の言葉で語る「オールドストーリーズ」を平成29年は、県内4か所(南相馬市、猪苗代町、福島市、須賀川市)で開催いたしました。年度毎にその模様を収めたDVD「福島の昔話」を県内の全小学校に寄贈いたしました。オールドストーリーズは今年度も引き続き県内で開催しております。

   「オールドストーリーズ」   

8.寄付つき自動販売機の設置

寄付つき自動販売機犯罪により精神的、身体的ダメージを受けた被害者とその家族への支援活動に賛同し、自動 販売機の売上の一部を犯罪被害者支援活動に寄付する自動販売機を設置しております。

9.イルミネーションの設置

イルミネーション 地域活性化の一環として、福島市の本店ビルでイルミネーションを点灯し、営業時間終了後も福島の街を明るく照らしております。今年は、「輝き」をテーマに、ハートに祈りを込めるエンジェルが皆様にキラキラ輝く素敵な毎日をお届けします。エンジェルたちによって作り出される、優しく幻想的な雰囲気をお楽しみください。
(点灯日時:平成29年12月~平成30年1月31日 17:00~22:00)

10.各種イベントを季節毎に開催中!!

 季節ごとの多彩なイベントやシニアのお客様向けの「活き活き健康教室」など各地で開催中です。29年度はお取引の有無にかかわらず約7,000名のお客様にご参加いただきました。

――10大イベントのご紹介――
 福島銀行では、様々なイベントの開催を通して交流人口の拡大を図り、福島を明るく元気にすること、県内でのインバウンドを目的に開催。今まで気づかなかった福島の魅力(地域の文化や自然)を再発見する旅行型やお客様の好奇心をくすぐる体験型など多彩な内容です。

――29年度の主な10大イベント――
  「新たな春を発見しに行きませんか? 三春、まち歩き歴史探訪」
  「初心者でもわかる日本文化の原点に触れる旅」
  「実はこんなに変わった身近な物 世界で一つのランドセルとこだわりの会津産乳製品」
  「もにわのダム底へ行ってみよう ふくしまの水の現在(いま)をたどります」
  「みんなにこにこ栄養満点秋野菜を使った デコ弁作り教室」
  「第一回ふくぎん新米まつりとこだわりお菓子の工場見学」
  「平昌オリンピック・パラリンピック直前 韓国料理と韓国茶で体を温めよう!」
  「MYかんじきを作ってあまーい雪下野菜掘り体験と磐梯町榮川酒造の初しぼり」
   ※現在開催中の10大イベントはこちらをご覧ください。

   イベント   イベント

   イベント   イベント