ページの先頭です

金融機関コード:0513

ここからナビゲーションです。

  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • プレスリリース
  • サイトマップ

文字サイズ変更

  • 文字サイズを小にする
  • 文字サイズを中にする
  • 文字サイズを大にする

サイト内検索

  • 個人のお客様
  • 法人・事業主のお客様
  • 株主・投資家の皆様
  • 採用情報

ここから本文です

電子決済等代行業者との契約締結内容(株式会社Origami)について

2019年9月

お客様各位

株式会社福島銀行(以下、当行)は、2018年6月に施行された「銀行法等の一部を改正する法律」とそれに係る政府令等に基づき、株式会社Origami(以下、事業者)との契約内容の一部を公表いたします。

1. お客様に損害が発生した場合の当行と事業者との賠償責任の分担について

  1. 事業者は、事業者サービスに関してお客様に損害が生じたときは、速やかにその原因を究明し、事業者が定めるOrigamiユーザ規約(以下、「利用規約」と言う。)に基づき賠償又は補償が不要となる場合を除き、利用規約に従い、お客様に生じた損害を賠償又は補償します。
  2. 但し、当該損害が 預金等の不正払戻しに起因するものである場合、事業者は、一般社団法人全国銀行協会が公表しているインターネットバンキングにおける預金等の不正な払戻しに関する申し合わせにおける補償の考え方に基づき、お客様に補償を行うものとします。

2. 事業者による情報の適正な取扱いおよび安全管理のために行う措置ならびに当行が行う措置について

  1. 事業者は、お客様に関する利用者情報(事業者においてこれを加工した情報を含む。)を、個人情報保護法その他の法令、ガイドライン等を遵守し、かつ利用規約に従って取り扱うものとします。
  2. 事業者は、事業者サービスに関し、コンピュータウィルスへの感染防止、第三者によるハッキング、改ざん又はその他のネットワークへの不正アクセス又は情報漏洩等を防止するために必要なセキュリティ対策を、事業者の費用と責任において行うものとします。
  3. 当行は事業者による情報の適正な取り扱いもしくは安全管理のために行う措置が不適切であると判断した場合、事業者サービスの利用を停止することができます。

3. 事業者が取得した利用者情報の適正な取扱いおよび安全管理のために行う措置、ならびに当行が行う措置について

  1. 事業者は、電子決済等代行業再委託者に対して利用者情報を提供する場合、事業者が当行に対して負う利用者情報の適正な取扱いおよび安全管理のために行う措置に関する義務と同等の義務を、電子決済等代行業再委託者に課し、その責任を負うものとします。
  2. 当行は、事業者が電子決済等代行業再委託者に対する適切な対応を怠ったと判断した場合、当行が事業者に提供するサービスを停止することがあります。

以上